〜 機械が苦手なレイヤーさん向け企画! 〜
++第三回 デジ一買ったけどやっぱりブレちゃうじゃん!?の巻++
 はい、ひげひげです。
 本題に入る前に、前回の言い忘れ。
 カメラをどこで買おうかな?って言うのもよく聞きます。
 この辺の地方だと(名古屋圏)、名駅裏のビッグカメラ、栄のトップカメラ、
 パルコ近くのアサヒドーカメラ等々いろんなとこがありますね。
 実際、触ってみるのにはこの様な、大型店が色々置いてあるんで便利です。
 で、ひげひげが実際買うお店はどこ?っていうとカメラのキタムラ。がお勧め!
 値引き交渉にも応じてくれたり、ネット価格より安く買うこともできたりします。
 あ、もちろん大型店がダメって訳じゃないですよ。まあ、交渉はしてみて下さい。

 で後、レンズ選びで、純正しかないのか?っていうとそんな事ないです。
 レンズメーカーと言って、レンズ専業のメーカーもあり、価格も安く、最近では
 性能も、純正に負けない物も多く出してます。
 レンズメーカーには、SIGMA(シグマ)、TAMRON(タムロン)、TOKINA(トキナー)
 なんてメーカーもあるので調べてみてください。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 中には、デジタル一眼を買ったけど、ブレブレ写真ばっかりで、コンパクトデジカメより
 綺麗に撮れるんじゃなかったの〜??って方いると思います。
 それは、カメラの全自動モードで撮っていたりするためです。
 と言うわけで、積極的にカメラの設定を変えてみましょう!
 でやっと今回のお題、ISO感度についてです。
 使い捨てカメラとかによく、400とか800って数字が書いてありますよね?
 それですそれ。
 
 この数字ってなんなの?ってことなんですが、一言で言うと感度。
 じゃあこの数字をどうするとどうなるのか?
 簡単にいうとこの数字が小さい程、写真の画質が綺麗です。(一般的に)
 で大きいとその逆、画質が悪くなります。
 じゃあ、小さい方を使ったほうがいいじゃん!って事になるわけですが撮影する
 条件によっては上げた方がいい場合があります。
 どんな条件かというと、周りが非常に暗く、シャッタースピードが十分にかせげない時です。
 例の「カッ・・・シャ」ブレブレ写真って時に威力を発揮します。
 分かりやすく言うとISO感度を上げると、少ない光でもカメラがそれを増幅して
 明るい写真が撮れる様になります。つまりシャッタースピードを早くできる!!
 それによって、手ぶれや、被写体ぶれを防ぐ事ができる訳です。
 
 勿論、コンパクトデジカメでも、ISOを上げることのできる機種もあります。
 しか〜し!!ここでデジ一との比較。画質が悪くなるからあまりコンデジでは
 ISO感度上げたくないですよね??では、サンプルをご覧下さい。




 どうでしょう?上がデジタル一眼、下がコンパクトデジカメで撮った写真です。
 ああ、写真がへぼいとかいう細かいことは言わないでください。
 ピッピと適当に撮って来た写真なんで。笑
 撮影条件は合わせてあります。ISO800での撮影です。
 これを見てわかると思いますが、デジタル一眼はノイズが少なく、すっきりとしていて
 色も破綻していません。サンプルは、機械なんでまだましに見えますが。
 コンパクトデジカメで人を撮るとそれこそ、おばけか〜!!
 って言うような条件です。
 
 と言うわけで、デジ一では、暗いところで積極的に、ISO感度を上げて
 撮影することができます。勿論、機種によってこの性能が違うので、一概にノイズが
 少ないのか?というとそうでもないんですが、コンデジよりずっとそういう面で優れています。
 この性能ではCANONが、一歩抜き出している感じがあります。

 デジタル一眼を買った人のなかで、例の「カッ・・・シャ」ブレブレ写真を量産している方は
 このISO感度を上げてみることを、お勧めします。勿論1600とか3200というと流石に
 ノイズだらけになりますが・・・。

 レンズ選びの所で、はしょった、手ぶれを防ぐ別の方法というのはこれです。
 これと、明るいレンズを選ぶということで、さらに撮影の可能性がひろがります。
 ちなみに、ひげひげ、イベント会場内ではISO400+ストロボ。
 そして、外ではISO100〜200+ストロボ使ったり使わなかったりな設定です。
 勿論、条件によってはこの限りじゃないですが。

 この企画で取り上げてほしいことや、ご意見などありましたら、ひげひげまで!
 次回は、ボケについてです。つづく〜。

 
  


++第二回へ++       ++第四回へ++  

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー